様々な場面で慰謝料という言葉を聞きますが、私達一般の人達に一番身近だと思われるのが、交通事故に合ってしまった時です。


交通事故でケガをしてしまった時には、治療費や入院費など様々な費用が掛かり、これらを請求出来るのが慰謝料です。

とはいっても、慰謝料には色々な種類があり、どのくらい貰えるかなども場合によって変わってくるので、適切に請求するためにはある程度知識を持っておいた方が良いです。

あなたにオススメの弁護士による相続相談が最近こちらで話題になっています。

まず種類についてですが、大きく分けると入院に関わる物と後遺障害に関わる物の2種類に分かれます。

後遺障害慰謝料というのは、その名の通り後遺障害として認定された場合に、支払ってもらえる物です。

交通事故に合ってしまった場合、ケガの程度によっては後遺症が残ってしまう場合があり、その時には多くの治療費が掛かってくるので欠かせない物です。
もう一つの入通院慰謝料ですが、こちらは治療の際に通院や入院で掛かった費用を請求できるという物です。

NAVERまとめの情報をお届けします。

こちらの方が問題になるケースが多くあるため、算出方法などをしっかりと知っておいたほうが良いです。

交通事故の際の慰謝料に興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

算出方法としては、自賠責を基準とした物と任意保険基準の物、弁護士基準の物に分かれます。
それぞれで費用が変わってきますし、自分がどれで請求したらよいかは場合によって変わってくるため、専門家に相談した方が良いです。

このように様々な種類があり、それによって貰える金額というのも大きく変わってくるため、万が一の時のために知識は仕入れておいた方が良いです。